HOME > マウスピース型矯正装置(インビザライン)

マウスピース型矯正装置
(インビザライン)

薄さは僅か0.5mm!目立たない・しかも取り外し可能!最新のマウスピース矯正・インビザライン米国アラインテクノロジー社によって開発が行われ、現在世界最高峰と呼ばれているマウスピース矯正、それがinvisaligh(インビザライン)です。
薄さ僅か0.5mm、しかも透明に近くて目立たず、取り外しが可能な新しいアプローチを採用しており、現在世界90ヶ国以上、340万人を超える臨床例を誇ります(2015年9月時点)。

アラインテクノロジー社独自のシミュレーションソフトウェア「クリンチェック」を使用して歯の移動を3次元シミュレートした上で、その精巧なシミュレーションに合わせてアライナー(マウスピース)を製作します。
治療に必要なアライナーの数は患者様によって異なりますが、平均して36~48個が製作されます。
患者様は治療の段階に合わせてマウスピースを新しいものに交換しながら徐々に歯並びを整えていきます。
アライナーは歯の移動に合わせて約2週間に1回程度の頻度で交換していきます。

インビザラインのメリット

薄く、目立たないマウスピース矯正「インビザライン」には、
従来の矯正治療に比べて数多くのメリットがあります。

  • ブラケットやワイヤーは使いません

  • 金属アレルギーがある方も安心です

  • 取り外しOK、汚れが溜らず衛生的

  • 本体が薄く、喋りやすい

  • 脱落などの緊急事態が起きない

  • 自分の歯がどのように動いていくのかが確認できる

インビザラインはワイヤーやブラケットを使用しない「マウスピース矯正」です。本体はとても薄く、たった5mmしかありません。マウスピースなので取り外しもOK!食事中の煩わしさがなく食事制限の必要もございません。
食事後は外した状態で歯磨きができるので清潔でいられます。

さらに、専門の3次元コンピューターシュミレーションで、仕上がりイメージを確認することができるので現在の矯正度合いを知ることができ安心してきれいな歯並びを目指せます。

インビザライン矯正の流れ

  • ①治療計画の作成

    治療計画を作成するために、ドクターが写真・レントゲンおよびデジタルスキャンを採取します。

  • ②3D治療計画の作成

    アライン・テクノロジー社が独自に開発した3D治療計画ソフトウェアを使用し、ドクターは患者様の治療計画を作成します。
    この3Dの治療計画では、予測される歯の最終位置が示されるほか、おおよその治療期間が確認できます。

  • ③アライナーの製造・出荷

    カスタマイズされたアライナーが製造され、ドクターのクリニックに出荷されます。

  • ④アライナーの装着

    アライナーを患者様にお渡しします。患者様は、毎日アライナーを装着していただき、1~2週間ごとに新しいアライナーに交換します。

  • ⑤治療経過の確認

    約4-6週間ごとに通院し、インビザライン・ドクターの診察をうけていただき、治療経過を確認していきます。

  • ⑥治療終了

    治療終了後、歯の位置を安定させるためにリテーナー(保定装置)の使用が必要となることがあります。

上記の装置は完成物薬機法対象外の矯正装置であり医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。