HOME > 不正咬合について

About Mol-Occulsion

・・・

不正咬合について

  • 叢生[八重歯・乱ぐい歯]

歯並びがデコボコの状態を言います。歯の大きさと顎の大きさのバランスが悪い時や乳歯を早い時期に抜いたため、永久歯の生える隙間が足りなくなってしまった時などに起こります。

  • 上顎前突[出っ歯]

上の前歯が飛び出した状態を言います。前の傾斜(角度)が悪い場合や顎のズレ、上顎の過成長(成長しすぎ)や下顎の劣成長(成長が足りない)によって起こる場合があります。

  • 反対咬合[うけ口]

上と下の前歯の咬み合わせが逆になった状態を言います。前歯の傾斜(角度)が悪かった場合や上顎の劣成長(成長が足りない)、下顎の過成長(成長しすぎ)によって起こる場合があります。

  • 切端咬合

前歯の先端どうしがぶつかっている状態を言います。反対咬合の一種ですが、舌の癖などによっても起こります。

  • 開咬

奥歯は咬んでいますが、前歯が開いた状態を言います。歯の傾斜(角度)が悪い場合や顎のズレ、舌の癖や指しゃぶり、口呼吸によって起こる場合もあります。

  • 上下顎前突[上下出っ歯]

上下の前歯が飛び出した状態を言います。前歯の傾斜(角度)が悪い場合や顎のズレによって起こる場合もあります。